穂科エミ

東京都江戸川区出身。劇団はぶ談戯主宰。

1998年、専門学校での企画公演のために「レボ100%」を旗揚げ。翌年、専門学校を自主退学した後、本格的に演劇活動を行うため、「レボ100%」を正式に劇団化。 2000年公演『源八橋西詰』(作・後藤ひろひと)より、劇団名を「はぶ談戯」に改名。以後、すべての作品の作・演出を担当。

【ドラマ】

2022年・私が獣になった夜

2021年・ほんとにあった怖い話 2021特別編「だるまさんが転んだ?」「「或る学校の七不思議」

2020年・4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP

​2020年・ほんとにあった怖い話 2020特別編

2019年・ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル

2018年・ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018

2017年・ほんとにあった怖い話夏の特別編2017「影女」

2017年・幕末グルメ ブシメシ! 外伝

2016年・ほんとにあった怖い話夏の特別編2016『流動する禍』

2016年・テレパック×はぶ談戯コラボ企画「計画晩婚」※監督・脚本

2015年・オトナ女子 ※脚本協力

2014年・ほんとにあった怖い話15周年スペシャル「犯人は誰だ」

2014年・ほんとにあった怖い話15周年スペシャル「腕をちょうだい」「闇への視覚」

2013年・ほんとにあった怖い話 夏の特別編2013『Xホスピタル』/『蠢く人形』

2013年・悪霊病棟(脚本協力) 

2012年・ほんとにあった怖い話

2005年・喫茶止まり木へようこそ [ラジオドラマ] 

【映画】

2020年・笑えば  ※監督・脚本

【ゲーム】
2017年・クランク・イン
2016年・赤ずきんと迷いの森

2011年・恋愛アプリメント

【小説/読み物】
2015年・ラブリサーチ [コラム]
2014年・ほんとにあった怖い話(構成) [書籍]

2012年・Gow ! Magazine [Webマガジンコラム連載]


【アニメ】
2012年・ているずおぶ劇場 [アニメ]

 

【舞台】

2021年・ラジ友納涼ホラーナイト

​2019年・にじゅう
2017年・やわらかい扉 

2017年・あ・らかると 

2016年・刺毛-シモウ-

2015年・ヒミツボ ‐秘壺‐

2014年・下衆な回遊魚 

2013年・かしましく 

2012年・間~あわい~ 

2012年・せいし 

2011年・東男と狂女 Vol.9 

2011年・時泥棒~昭和歌謡短編集~ 

2011年・カラフルな猫、再び 
2009年・カラフルな猫 
2008年・ヒキガネ2008
2007年・うめたい~ダメ、時々アイシテル~
2007年・ナナシのハナシ
2007年・おむすびころりん
2006年・盗人メヌエット
2006年・せいし
2005年・スジン
2005年・ヒキガネ
2004年・飯、喰え。
2004年・下町三部作③逢魔ヶ刻
2004年・下町三部作②わたゆき
2003年・下町三部作①東京下町春美荘~やっぱり地球は青かった?~
2003年・アルミ
2001年・無くしてしまった詩
1999年・U.G.W